知的財産サーチエンジンの説明

1.知的財産サーチエンジンのメリット

(1) 知的財産関係にテーマをしぼることによる高い専門性

 知的財産にテーマをしぼったことにより、高い専門性を有する専門サーチエンジンを実現しました。

(2) 知的財産に関するカテゴリーが詳細である

 総合サーチエンジンは、すべてのテーマを扱うので、知的財産について細かくカテゴリーを設けるのは困難です。

 本サーチエンジンは、知的財産の専門サーチエンジンであり、知的財産について細かくカテゴリーを設けています。

 各カテゴリーにアクセスすることにより、リンク集としての利用も可能です。

2.論文が検索できる

 本サーチエンジンは、知的財産についてのサイトだけではなく、知的財産に関する論文を登録、検索できます。

 ホームページ検索 [More]のMoreを押して、カテゴリ指定において、 「知的財産一般:知的財産の論文」を指定してください。

3.記事が検索できる

 本サーチエンジンは、知的財産についてのサイトだけではなく、知的財産に関するブログの記事を登録、検索できます。

 ホームページ検索 [More]のMoreを押して、カテゴリ指定において、 「知的財産一般:知的財産の記事」を指定してください。

4.パブリックコメントの状況を見ることができる

 本サーチエンジンは、知的財産について、政府等に提出されたパブリックコメントを登録、検索できます。

 ホームページ検索 [More]のMoreを押して、カテゴリ指定において、 「知的財産政策:パブリックコメント」を指定してください。

 パブリックコメントの問題点は、提出した記事が人目に触れにくいということです。

 どのようなパブリックコメントが提出されているのかを知るために、パブリックコメントを提出された方が、自己の提出したパブリックコメントをホームページ、ブログ等に投稿し、それを本検索エンジンに登録できます。

 また、ホームページ、ブログ等をお持ちでない方は、知的財産の会の「パブリックコメントコピー」に書き込むと、原則として、本検索エンジンに登録されます。

5.用語が検索できる

 本サーチエンジンは、知的財産についてのサイトだけではなく、知的財産に関する用語を登録、検索できます。

 ホームページ検索 [More]のMoreを押して、カテゴリ指定において、 「知的財産一般:知的財産の用語」を指定してください。

6.政策が検索できる

 本サーチエンジンは、知的財産に関する政策に関する情報を登録、検索できます。

 ホームページ検索 [More]のMoreを押して、カテゴリ指定において、 「知的財産政策」又は「知的財産政策」のうちの興味のあるサブカテゴリーを指定してください。

7.その他、カテゴリーごとに検索、登録できる

 本サーチエンジンは、知的財産専門なので、カテゴリーごとに検索、登録をすると、お探しのテーマについてのサイトが見つかります。

 ホームページ検索 [More]のMoreを押して、カテゴリ指定において、 お好きなカテゴリーを指定してください。

知的財産サーチエンジンに戻る